上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

向を変えて♪
今日は妄想的な内容ですww

-----------------------------

そら


くものある日
くもは かなしい

くもの ない日
そらは さびしい

-----------------------------


さて、三寒四温なる日々、
出会いと別れの季節となりました。


季節柄、を見あげる日も
増えてきてるのかな、と思います。


が、明るい時間に帰りたい・・・
・・・という思いは叶いませんがwww(ノ∀`)カエリタヒ・・・


というわけで、
会社の諸先輩方は、


『息子が・・・娘が・・・卒園式で―』といった按配ですわ。



自分にとって『卒業』というイベントは、
なにかアクションせん限りもう絶対来ることないイベント。


もう見守っていくサイド。
気がつけば、人生としてはもうそちらに近づいてんねんな。


それぞれに人生があり、
それがいつ、どう交わるのかは
誰も知り得へん。


たまたま乗った1本の飛行機に
同じメンバーが揃うことは二度とないねん。


全力で行かへん?
全力で生きへん?


------------------------------------------------

さて。



冒頭のたった4行、26文字の詩。
みなさんはどう感じるでしょうか。



個人的には、
そのたった26文字から、驚くべきほどの情報量があるし、
壮大なイメージを抱かせてくれる味わい深いもんや、


と思います。



なんでそう感じるのか。



結論からゆーと、
絶妙ながあるから、とおもってたり。



詩の解析やないねんけど、
1行目のそらと、3行目のそらはちゃう。


そらのあとにスペースがある/ないの違いがあり、
それだからゆえ、【間】によって、


詩を見た人に
どんなそらなのか、
そもそもそらとはなんなのか、


・・・といった具合に、
吟味させてくれるものがあるわ。
より味わい深いものに。



ほかに【間】というアスペクトでいくと、
2行目と3行目にも行間を設けてある。


でもま、解析っちゅーかそういうこまごました話は、
このEntryの本質ちゃうねん。


とりわけ言いたいことは、
日本文学にはこーゆーような【間】の文化があって、


俳句の高々17文字でさえ、
その背景や詠い人の人生とか現象とか、
想像力が掻きたてられて味わい深いモノにしてくれるし、


今日の娯楽である【お笑い】にも
文化があってこそ成立することが多々ありますよねー。


男女のあいだにおいてもそやな、と思っている。
いわゆる、“Highcontext”やわ。



このEntryのお題はこれ―。


その前に、ひとつ。


なんで、芸能人だとか、有名人の、
くっついたとか、
離れただとか、
お泊りだとかの話題が


こうも人をひきつけるもんか?
いわゆる、ワイドショーみたいなやつ。


疑問で仕方ないねん。


これはどう考えても、
t@kの中でどうでもいいことであって、



なんでどうでもえーかっちゅーと、
知り合いならともかく、
そもそもその人の人間性なんて知らんし、


知らん人間の恋愛に興味が沸くか?
夜の名駅とか、そこら辺でわき目もくれず抱き合ってる人となんら変わらへんで!
ってのが理由の1つやし、


報道っぷりがあまりに短絡的過ぎて、
あほか?ってなるのが2つ目の理由やねん。


なんかね、極端な話、
セックスの相手みーつけた♪



・・・的な、発想とどうちゃうねん!
美学みたいなもんがないねんな。
おまえが言うなよ



( ´Д`)『メシ・フロ・ネル』


これと同じように。


( ゚Д゚)『いや、えーねん。
女というものは、黙ってついてくるもんや!』



それはそれで大いに結構。
ただし相手がそれに差し支えなければ。


つまり、なにが言いたいかっちゅーと、
ここには、かねてから日本人が美学としてきた
【行間を読む】なんてものが無いねん。



たとえば


『おまえ、おれのこと好きゆーたやん!』
『ゆーたけど?』
『あれうそやったんか?』



2人の間柄に・・・
ここに行間を読・・・む・・・ぇ?


ストレートでいいじゃない♪
というかも知れへんけど、


いやいやそうか?
美学なんてものは無いねん。美しくない。


なんやろね、
ドライやねんな。
潤いが無い。



相手はなにを考えているんやろか。
なにを欲してんのやろか。


あの人の言いたいことは、
こういうことかなぁ~。


少なくとも、
こういうニュアンスが欲しいね。



全力投球やった、
中高生の頃のあの恋愛が美しかったように。


って書くと語弊があるけど、
いまもいまで全力やねんでww


・・・にしても、
人の見ててもそう思うねんけど、
全力の恋愛って美しいよね。



但し―。



いやいや、あんた。
そんなまどろっこしいこと、
やってられへんでー。




まぁ確かに、これが本音。


こうやって書いてきてんけど、
性格柄、効率主義でめんどくさがりで、
TMCで仕事してからそれにさらに磨きがかかったというか・・・


言い訳すると、
♂は恋愛至上主義やないねんで!


他に興味あることあれば
♂は恋愛がどうでもよくなんねん♪


とりま、そういうわけにもいかんところがあるけども、
歳を重ねてそういうものに惹かれる今日この頃であります。


自分の中に、違うベクトルが存在してるわー。
あー気持ちわるww


ついでに、
このEntryも気持ち悪いなww
(自爆)


ま、たまにはえーかな。


ではまた。


Ciao!!

---------------------------------------------
追記。

ソサイチ

※前列センターの方は、決してAV○優ではありません。


ソサイチ大会(8人制フットサルみたいなもん)で優勝しました☆
ε=\_Oノヒャッホーイ


初チーム、初大会、初ゴール、初優勝、初物、初ケンカ・・・
初物づくしでスタートです♪


前日スノボ⇒徹夜明けという最悪なコンディションで
10分ハーフ・計20分×4試合でしたが、
みなさまに迷惑かけることなく?プレーできた、と自負しておりますww


次大会もがんばろ~う♪
スポンサーサイト

2008.03.06 | Column | トラックバック(-) | コメント(4) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。