上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

うすぐ修士を出るということで、
6年在籍したN.I.T.ともお別れ(予定)。



イマは物質工学科に所属してんのやけど、
その本元になる学問は、材料工学。


前のEntryからの続きで、
雪でドコへもいけそうに無いから、

ちょうどいい機会やと思って
いままでやってきた自分の学問を整理すべく、
理系っぽいこと書こうかな♪


・・・と。



お茶割り入りまーす!!

ま、
呑みながらね♪


前から書きたかったし。

------------------------------------------



そもそも、『材料工学』って何よ。


いや、『材料』って何よ。





工学を知らない人間からすれば、

何つくんの??
料理でもすんの??

・・・なんてイメージかも知れやん。



えぇ、
もちろん違いますがな。



『そざい』ね、『そざい』




















そうそうそう、

あのスーパーとかにある、
おからとか、サラダとか・・・・・
















それソウザイな。


ってやかましいわ!!!
んなショボイことに突っ込むか!!!






マジレスすると、

この世の中にある身の回りの物、
何から何まで存在するモノの素材ね。


カテゴリーは、大別すると、
鉄とかの金属類
プラスチックとかの有機化合物類
シリコンとかの無機金属類があって。



・・・って言ってもよくワカラナイと思うんやけど、




自動車にしたって、
インパネ、タイヤ、シャシー、ボデー、パワートレイン・・・

パソコンにしたって、
液晶パネル、メモリーチップ、ファン・・・


要するに、
モノ(製品)には様々な素材が使われているわけで。







んじゃ、
材料工学って??



素材がどんなもんなのか多角的・体系的に捕らえる学問。



ある素材が・・・

どんな性質持ってて、
どんな特性があって、
だからこういうところに利用できて・・・


・・・とか、
そういった展望をするのに必要な学問。



例えば、
ムカシノケータイ


ケータイが昔バカでかかったように、
GPSなんてケータイに搭載されるわけが無かったように
テレビなんて、ラジオなんt(ry


つまり、
新しく製品が生まれ変わるには、
新しい商品がプロデュースされるには、


この学問に則った、
すばらしき先人たちの、
既成概念を打ち破るbreakthroughがあったわけで。



手前味噌が続きますが、


この世の中に存在するモノ(製品)の
最小単位である原子または分子が、
ある決まった配列をとるから、

あんな色をしていたり、
尋常ではない強度を発揮したり、
ある温度域では柔軟性があったり、
色が濁ったり。


そういったことを展望して応用した結果、
新素材が、新発明が生まれ、
新たな商品として世の中に供給されるわけで。




いわば、
材料工学=モノ作りの源流。

そう定義できるのかも知れへん。



でもね、モノを作るのは・・・・










もちろん、
材料工学だけでは無理な話なのです。



原子や分子、見えるわけが無い。
見えるわけが無いそんなものなのに、

どんな性質があって、
どんな特徴があるのか知らなくては話が進まへん。


んじゃ、
どうやってそんな性質を評価するのか。



裏を返せば、今日の文明は、
分析機器の発展無しには語れなかったということでもある。


分析機器メーカーが儲かる原理はココにある。
キーエンスとかね♪

そして、
モノ(製品)を具現化する機会屋の存在も重要で。




そう考えると、
自分の携わっている学問に対して、


スケールがデカくて、
ロマンすら感じてしまうものなのです。


〇〇できるやん!!!!!
とか言って。















えぇ。
変態かも知れへんねww





でもな、




昔、
砂場で山を作り、トンネル掘って遊んだあの頃のように。



昔、
ゾイドを組み立てて、ネジまいて遊び、
そして実際に動いたときの感動を得たあの頃のように。



昔、
ミニ四区を買っては、友達とコースで走らせ、
改造してはまた勝負!!・・・なんて遊んでいたあの頃のように。





将来、子供ができて、
『おとん、何してたん??』



って聞かれた暁には、
誇りを持って自分の学んだことを教えてあげたいと思う。



やっぱ、仕事するにしても、
現場含んでオレは作り上げることがえーかな。



今日はそんなコラムです♪
スポンサーサイト

2005.12.22 | Column | トラックバック(0) | コメント(2) |

難しいことは、わかんないけど・・・きっといいパパになりそうね☆
あの古い携帯電話が懐かしい・・・私も使ってた・・・・・・・っていくつじゃ?私は?
けどどんどん発展していくけど、ひとの気持ちはいつまでも子供のころの純粋な感情を忘れずに、変わらずにあって欲しいね☆

2005.12.23 20:02 URL | あいころ #- [ 編集 ]

あいさん>>
そ、そうですか~(ノ∀`)
調子に乗るからやめてくださいw

Σ(゚Д゚ エッ
あの電話、実物見たことあるんすか!?
SUGEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!

純情な感情・・・
いい響きっすね♪

2005.12.24 16:49 URL | t@k #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://formystyle.blog20.fc2.com/tb.php/101-a509043f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。