上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

『え?ここは錦3丁目じゃねーよ?』





オールバックに近いロン毛のヘアスタイルで、
カッタルそうな表情。
もちろん日焼けもしています。
※日サロではない。





いま思い出すとめちゃめちゃ恥ずかしい、
そんな風貌だった入学当時の6年前、
式で隣のヤツ(マナブ)が語った第一印象はそれやったな。。。(懐!!)






今こう・・・改めて考えると、
田舎出の癖に相当スレた生意気なヤツ
やったんやろうな。



別に何も無いくせに、
なんというか“歳特有の無敵感”というヤツも手伝ってか。


そして少なからず、
華々しいキャンパスライフを想像していた当時、
N.I.T.のその雰囲気に相当がっかりしていたのを覚えている。


国立で、工学系じゃ・・・













ここはオレの生き場所じゃない―。



色眼鏡全開で、
はっきり自負してたな。






うーん・・・

イタイネ。
ヴァカダヨネ。





もちろん友人関係も、
そんな空気のあるところへ集まるものなんやよね。


故人はよく言った。
類は友を呼ぶと。




とある入学したての日@生協前―。



みんなで輪になって自己紹介し、
そこから“大学のつながりが”スタートしたのを覚えている。



そんな年生―



成すがままに連なるコンパ
クルマに乗ることで広がる世界
タマにやってたサッカー




世界観が変わったか・・・に見えたが結局は


・・・それどまり。




ほんま、よくどこにでもいる学生やった。
いや、それ以下やったのかもしれん。


とりわけ何かやるわけでもなく、
サークルにも入ってない。



バイト―学校―遊びの毎日。



それなりの充実感はあったんかも知れへんけど、
所詮それなりやった。


その風貌(当時)ゆえ、
何回かギャル&おネェ系のコらに逆ナンもされ
まぁそういう系統のclubにも(当時はJマやったかな!?)呼ばれたが・・・


結局は当時、
価値観があわへんかったんやろう。


進んで行ったことはなかった―


・・・というよりも、
色々なコトに目を向けるという・・・



そう、つまりここまでを見るに、

全てが受身で、
何か楽しいことを待っていて。



決定的に行動力が不足してたんやろな。



大学も後期に入り、主戦場やった地元で
田舎特有だからなのか、
三重県だからか(※三重は全国有数のパチンコ王国)は
わからへんけど、


遊びといえば・・・
続々とパチスロへ流れ出すヤツらが現る。




時間を浪費して何が残る?
勝った、負けた?




確かに、歳の割に得られるはデカイやろう。
そして、(当時歳の割りにしては)一定のスリルもあるわけだ。


遊びとしては上々なんやろね。






でもなんか違っていた。

勝った話を聞いても、
友人同士パチンコの話になって話題についていけなくとも、

別に何も焦ることはなかったし、
羨ましくもなかった。





なんかこう・・・


そうやね。
その頃からやね、何か自発的に求めだしたのは―


--------------------------------------------


以上、ヴァカな大学生の半生、序章おわり。

2章へつづく♪
スポンサーサイト

2006.03.27 | Institution | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://formystyle.blog20.fc2.com/tb.php/163-329831d1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。