上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

んばんは☆


1月も、はや終わりやねー。


この前、スノーシーズンの合間に
ワカサギ釣りに行って来ました♪


氷の上にあけて、テントでも張って・・・
というイメージをお持ちの方が多数だとは思うねんけど、


それは北海道とか、もう温暖化の影響か
かなり寒冷な地域に限られるみたいやわ。
入鹿池


で、今回のロケーションはとゆーと、
愛知県は犬山、入鹿池でお手軽にできます。
(明治村のすぐ横)


ってゆーても、
めちゃめちゃ水温が低い季節に活性が上がる魚種ゆえ、


池にボートで繰り出し、
風がびゅーびゅーの中で釣りするねん、
環境は結構シビアやわ。


同じ冬の釣りでも、
ルアーでトラウト系を攻める方がぜんぜんマシ!
(トラウト系も低水温で活性が上がる魚種、イワナ・ニジマス・アリミノとか。)


というわけで、
マイナスイメージ的なことを書きまくってんねんけど、


今回は釣ってすぐにから揚げにして食べる!
というミッションがありましたので、


ある意味、罰ゲームをかけた数勝負!
・・・なシチュエーションを作って無理やり釣りしてきましたわ(´д`)

わかさぎ


釣り自体は、ワカサギの習性を早く察知すれば
別にムズないし、もうね、ほんま入れ食いやわ。
3ケタはくだらへんな。


というわけで、
数釣りにはめちゃめちゃ向いてますわ。


個人的な総括をすると、
今回は釣りそのものよりも“釣ってすぐから揚げ”というところに
うれしさがあって、楽しかったです♪

てんぷら




やっぱ、釣り自体はファイトが無いとおもしろないねんな。。


ちなみに、“から揚げ”は近くのキャンプ場で実施してんけど、
冬でもキャンプ場って需要あんねんな。
結構お客さん来てはったわー。


豚汁作って、焼き芋やって、焚き火であったまるってゆースタイルは
夏にはなくて、人の距離も近いしなー。


冬こそキャンプ!
これt@k的に、ニュースタンダードかも知れません。


----------------------------------------------------------

ここ最近、仕事の方は順調やねんけど、
前のEntryでもちょっと触れていますがPrj.のStageUPに伴って
業務領域が変わってきてるんです。


具体的には、
製品化に近いポジションへ移行してきたっちゅー感じで、


試作レベルやったんを量産レベルにしていこか!
・・・みたいな仕事を今年はやりこんでくわけやねん。


話自体は、なんや単純な話やんけ!


・・・と思われるかも知れへんけど、
現実はそんにうまいこと行く話でもないねんな。
モノ作りの現場っちゅーもんはすごいわ、やっぱ。


まぁ何事も熱意を持って、真摯に取り組んでいけば
何でもやってけるような・・・


とりま、未体験ゾーンとはいえ、
これまで技術部各部署の幹部を口説いてきた自信ゆえ、
正直なんとかやってけそうな気はしてますけども、


理想論が通じるところやないし、
なんとかモノにせなあかんワケで、
多少泥臭い世界に首を突っ込むわけやねん、


やってみんことには分からん部分も多いし、
今年はじっくり腰すえてやらなあかんなと思ってます。


分りやすくゆーと、“華麗なる一族の鉄平”みたいに、
“熱意”で人を動かせるようになるのが抱負かも知れへんわww


やっぱり腐っても理想論!ですけども・・・。


さて理想を追いかけるのもえーですが、
やっぱり身の丈を知ってへんと


青息吐息っちゅーか、
しんどなってオシマイになってまうよな。


いくら熱意があるゆーても、
張り詰めた思いでずっと打ち込めるほど人間はタフやないからね。


ほな、理想を追っかけて継続させてくには
どーしたらえーねん・・・と。


そんなんは、世の中に出てる
いろんなビジネス本を拠り所にして頂く方が、


こんなペーペー社員に言われるよりも
何倍も説得力があると思いますのでそれは任せるとして、


あくまでt@k流の経験則
書こうと思います。


コトの始めは、やっぱ計画を立てること!


計画ゆーても、
3~5年後の中期的な着地点(目標)を決めてから逆算して・・・
年割りにして、月割りにして、日割りにする。



着地点に到達するには、どうしたらえーか。
何があれば、それを満たすことになるんか。
そのために必要なことはなにか。
それはいつまでに無いとあかんのか。


たとえば、Cafeをやりたい!
って目標やったとすると・・・


着地点は?どう実現するか。
オーナーとして?シェフとして?兼任?
いくら稼ぎたい?どういう生活をしていたい?


どうすれば満たされる?
なにがあればオーナーになれるか?
なにがあればシェフになれるか?


なにが必要?
オーナーにはなにが必要?
シェフにはなにが必要?


いつまでに?
何歳で実現したい?


と、いうことを考えなあかんかな、と思う。
年割り計画、月割り計画、日割り計画に落とし込んで。


でもアイディアありき、でなくてもかまへんと思ってたりもする。
まずアクションしてみて業界を学ぶもいいし。


・・・にしても、最終的にはアイディアがないと
ズルズルいつまでやってんだか、もうやらへんのか・・・って


やる!やらん!のメリハリをつけるだけでも、
限りある時間が有用になるだけのメリットはあると思うから
大事やと思う。


でもま、起業した身分ではないゆえ、
エラソなことは言われへんねんけどね(ノ∀`)


でもま、何でも業界に突っ込んでみるってのは
ええことやね。
まずやってみる!ってのにリスクが少ないもんな。


経営には少なくとも資金がかかる。
雇われの身やとそれがかからへんし、倒産のリスクもない。


今日び、資本金の制限なく誰でも会社を設立できるようになったゆーても
毎日数社は倒産している、という情報をとある大手商社の友人に聞いた。
(商社は投資業務もあるがゆえ、そういう情報には精通している)


何日前か忘れたけど、日経でも『ベンチャー企業のいま』という見出しで、
ベンチャーブームに沸いた数年前の会社のいまをクローズアップしたものもあってんけど
いまはもう・・・といったマザーズの記事。


まぁ暗なるよーなことゆーてもしゃーないねんけど、
組織に属して、肌で感じてみて、
あわよくばリスク無しに自分の夢も叶うって図式が一番うまい!
ってことやね♪


っと、脱線してもたけど、
そうそう、計画は大事。
ほんで、その計画に対してどうアクションしていくか。


そらハナクソ飛ばしたなるような仕事もあれば(´σ `)、
どっかの歌にあるような、
どこの誰かの知らん笑顔作ってんねんで!ってだけや
しんどい場面もそらあるやろうて。


そんなときは、やっぱ“遊び”を取り入れてみること!
これが一番やと思います。


交渉ごと。


これ1つとってみても、
作戦を考え、色々な裏づけを施し、思いを的確に伝え、
相手の出方を伺う。


相手がなにをコメントしてくるのか。
相手のHappyとはなにか。


これのどこに遊びがあんねん、って話やけど、
作戦の組み方、ここにオリジナリティがあって、
どこまで踏み込むか、とか
どこを強調させる、とか
どこまで行間を読ませるか、とか


相手を想像して、
考えただけでワクワクする。
ワクワク(゚∀゚≡゚∀゚)


別に、それが自分の気がすすまへんことやってある。
その仕事に何の意味があんねん、とか。


でもそこで、
どこまでやれば次に繋がることが見えてきて、
相手の気をひきつけることができるか。


ある程度見えるんちゃうかなぁ。


考え方とか、作戦の組み方って、
要は交渉ごとのキモとなることって、
ロジカルシンキングというところにあって、



コンサルにしろ、
有価証券にしろ、



どこの業界であれ『人vs人』である以上、
そんに変わらんはず。


・・・と思えば、自分の幅が広がるというか、
ちょっとした遊び心が無限の可能性を秘めていたり。



別に、単純作業にしたって、
たとえばバイトの皿洗いとか、
本来自分のやりたなかったことやったとしても、


1分で皿何枚洗えるようになる、とか“遊びこころ”をもって取り組めば、
じゃあ、はよ洗えるようにするためになにが必要かって考えて、


シンクの配置変えるとか、
設備を最適化するとか、


ひょんなことから、こーやったらえーのに・・・
って思えるようなことになってきて・・・


設備メーカに提案してみたら、
それいいね!うちに作らせてよ!・・・ってなって
いつの間にか特許になってたり。


そーなったら
知的財産でなにもせずに収入はいるわww


つまり、なんちゅーか、
いつも『考えろ』やないねんけど、
“遊びごころ”から思わぬ方向に発展するケースも充分ありえるし、


逆の発想をすれば、
“遊びごころ”をもった昔の人がたくさんいたからこそ、


こうしてみよ♪って思った軌跡
今日便利なものになってるケースもあるわけで。。。


どっかの“モノ好き”が板に足固定するようなもん作って
雪の上を早く移動できるようにして、


早く移動できるだけやつまらんから、
ちょっとした“遊びごころ”で坂つくってみて、
飛んでみたら思いのほか楽しいやん♪


みたいなことが、
もっと跳べるようにするにはどーしたらえーねん・・・って
それがいつの間にか、スノボードってビジネスチャンスになってたり・・・とか。


飛行機が生まれたんも、
ちょっとしたモノ好き兄弟がちょっとやってみよ♪
・・・からはじめたかも知れへんし、


いつの世の中も、“遊びこころ”から
劇的なものが発明されるケースは歴史が物語ってるわけで、


そう考えると、
いかに発想を転換して遊びこころを忘れずにやるか。


それが継続の切っ掛けにもなるし
何より人生のスパイスになると思っているわけです。



どうなんやろな、こういう考えって。



さて2月もがんばりましょーう♪
ではまた☆


Ciao!!
スポンサーサイト

2008.01.30 | My Life | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。