上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

名古屋国際


高橋尚子の北京ラストトライアル@名古屋―。
これは当人が走る1時間前のコース状況です。


レースは、非常に冷酷な結果になってしもたけど、
まずはお疲れ様でした―。


こんな書き出しやねんけど、
実はあたくし、マラソンというもの、


最近まで走るのはもとい、見るんも
大がつくほど嫌いやったことがあんねん。


前者については、今も変わらんけど(だってしんどいもん(;´Д`)
後者については、テレビの影響。


なにを人が走ってる状況をひたすら映しとんねん!・・・と。


当時・・・いまも大体はそうやねんけど、
大きな変化というか、分りやすい変化を好み、


マラソンより、バスケット見てた方がエキサイティングやんか!
マラソンより、サッカー見てた方がエキサイティングやんか!


・・・と。


鍛えられた肉体がなすダイナミズム、
ゆがむ表情、息づかいが与えるインパクト、
ゴール後、全て許されたかのような開放感、



間近で確認したそれは、
一瞬でt@kの思惑を払拭したのでした。



つまりは、“食わず嫌い”やってん。


ふー。
まだまだ、甘いっすわt@k。。。(ノ∀`)

--------------------------------------------------

Entryでは出会いと別れの季節とのくだりを記述してんけど、
その一方で、人生設計の決断に迫られている人もいてますね。


必ずしもその条件は一致せーへんけど、
新たに社会に出る準備をしている人はそれに該当するんやないでしょうか。


t@kも社会に出てもうすぐ3年目を迎えるわけやねんけど、
非公式なリクルート活動のお手伝いとして、
学生の話を聞くチャンスが与えられていますわ。
舞い込んだ案件だけやねんけど。。
※非公式=採用する権限はない、ただのOBとしての位置づけ


・・・と、同時に、
学生のころ思い描いていた社会人像が、
今の価値観とマッチしてんのか、


自分にとってもいま一度振りかえり、
軌道修正すべきところはする、


といった具合に、ある意味いいチャンスを与えられている
・・・とも言えるようやわ。


というのは、
社会を多少は理解したというインセンティブがあって、


つまり、決断や選択する上で、
判断材料というものを所有している、ってことやね。


このEntryには、そういう貴重な時間で感じたこと、
まだまだ若輩者ながら伝えるべきことをリマインドするため、
まとめておこうと思います。


というわけで、就職アドバイス。
ステップは暫定的にこう考えています。


STEP1

まず学生にヒアリングする。(ポイントは次の6点。)
・好きなことがあるか
・その好きというレベルは、『娯楽』なのか『趣味』なのか『特技』なのか
・広い意味でやりたいことはなにか
・それはイコール好きになり得るか
・具体的にやりたくないことはなにか
・将来どうなっていたいか



STEP2

次に、それぞれに『なんでか』というコメントをもらう



という具合に。
経験上、こうすれば大体その人の価値観が見えてくるからやねん。


ってか、TMCのことなんで聞かへんの?
ただの人生相談やん!ww


と思われるかも知れへんけど、



理由はズバリ、聞いても無駄やから、と思っているからです。
そもそも、やったこともないのに『本当にやりたいこと』がわかる訳がないねん。


人間誰しも、先入観とかで
『あーいややな。。。( ´^ิ^ิ`) 』とか思って、
やりたくないorやらずに過ごしてきたってことあると思う。


でも、せなあかん境地になり、
やってみたら案外のめり込んだ、ってことはめずらしくない。


つまり、
アタマで考えるやりたいこと、
肌で感じるやりたいことが一致してはじめて、
『ほんまにやりたいこと』になるんちゃうやろか。
その逆も然り。


そういう意味で、


向こう(学生)にとってのやりたいことの判断基準として得られる情報は、
実際に働いている人の話
HPとかから得られる2次的な情報だけであって、
実務経験がないからなー意味が無いねん。(インターンは別)
(それでも、自身がそうやったように、実際に働いている人の話はすごく参考になる)


とりま、それでやりたいかやりたくないかを判断せい!
ってのもな話やけど。



とどのつまりその趣旨は、
本当にやりたいこと(広い意味で)と、
社会に出て実現したいことが、
限りなく同じ方向のベクトルを向いていること。
それが『好きなこと』やったらラッキー♪みたいなもんやわ。


ちゅうわけで、人生において、
大部分付き合ってかなあかん仕事を
つまらなくさせないこと=幸福。



そう考えているからやねん。


つまり、幸福って『隣の芝は青く見える』

みたいな、
じつはずっと遠くにあるもんやなくて、
足元にあるんを気づくか気づかんかだけの話なんちゃうかなぁ。


その隣の芝に見とれてしまい、
自分はもっと違うはずや!とか思って『自分探し』とか、


申し訳ないけどt@k的に
なにわけのわからんことゆーてんねん、って思ってる。


可能性を探る意味では色々チャレンジすることについては大いに賛成やねんけど、
いつまでもそれに固執するんも、どうかな・・・って。


色々歩んできた軌跡がいまの自分であり、
そこから外れることは、基本的にあり得へん。


人との関わりが自分の人格形成、人生に関係があるとすれば、
現在の人間関係のトータルが人生の鏡像やからね。


逆に言うと、
今の人間関係を変えへんかぎり、新しい自分は無い。


よく言う、海外に行って見る目が変わった、というのは、
非日常的な文化に触れること=違う人間関係に身をおくことにより、
感化されてんのやろな。


せやから、足元じっくり見たらえーねん。


っちゅーわけで、
その人のバックグラウンドを察知して、
その人の価値観に対し、ニーズがあるかどうかを考えた方が、
具体的な話をしやすいねんな。


その人がやりたいと思ってても、
ニーズが無ければ意味ないやん。実現できひんもん。


表裏一体の話やけど、
具体的にやりたくないことを聞くんも同じことやわ。


広い意味でのやりたいことが、
具体的にやりたくないことに対して
どこまで成立するんか。


学生にとっては、こっちのが考えやすいやろね。
呑んでばっかもいやや(接待)、
泥臭いこと(アタマさげてばっか)もいやや、
地元以外はいやや、海外はいやや、
安い給料いんいやや、残業多いのいやや



・・・とか制約みたいなもんやわ。


要は、譲れるとこと譲れんとこ(その人の軸)
はっきりさせましょか☆
ってことなんやろね。


実は、そこんとこの線引きが結構難しいんちゃうかな、
と思ったりします。


日本は誰もが感じているように、
食べるものがなくて・・・とか、
病気を治すお金がなくて・・・とか、
いきなり隣から爆弾が飛んできて・・・とか、


社会的な情勢や時代背景みたいなもんから
すぐ死に結びつくような事態は起こりにくい。


公共交通機関とか、
社会保障制度とか一応あるし、


世界的にみて、
社会的制約が少ない国であるがゆえ、


明日の生活を今日よりも絶対よくすんねん!
って生きることに飢えた目標が立てにくいわ。
(もちろん人による)


極論をいうと、
とりわけ頑張らなくても、
しんどい思いをせんでも、
それなりの生活はできてしまうもんね。


嗜好品とか、いわゆる贅沢を除けば、
生命レベルを維持できて死なない程度の生活は。


ちょっと余計なお世話やねんけど、
その代表的な現象というか、
(真剣にお考えの方につきましては、ご無礼お許し下さい。)


“それなり”がいーよね♪ってことで、
やりたくないこと考えてみたら公務員目指すわ!


って人がおるかも知れんけど、


ここで気をつけなあかんのは、
公務員になるんがゴールやなくて、
公務員で実現したいことが自分の好きなことかどうかとか、
広い意味でのやりたいことかどうか


ってことを考えへんと、
なってみたものの・・・なんやつまらんわ(´д`)ってなりかねん。


もちろん、倍率からゆーて、
パスしにくいから試験合格が主体的な目標になり、
当初目標のすり代わりというか、そうならんかな・・・


って、やっぱ余計なお世話か・・・(ノ∀`)


競争ごとでTOPを走る人の宿命というか、
TOPにしか見えない目標というか、
具体的な目標は自身で作らなあかんからなー。。。


とりま、結局は自分の目標をどこに置くかで
全ては決まんねんけどね。。


そうそ、とっくに気づいているかもしれへんけど、
やりたいことはなんで"広い意味"で、
やりたくないことはなんで"具体的"なんやと?


理由は2つあって、
1つは前述のように、
実務経験がない学生にとって聞いたとしてもあまり意味がない。


もう1つは、あまりやりたいことが具体的でも、
人間の性としてそれ以外やりたなくなってまうし、
経験の幅も、人間の幅も可能性がせまなってまう。


・・・というわけです。


ちなみに、
t@kは実際にTMCの社員に会って実情を聞いたうえ、
広い意味でやりたいことに、
具体的にやりたくないことを加味して消去法で決めました。


社会に出て自分を振り返ってみると・・・


自分の思いのベクトルと、
会社のニーズのベクトルは一致してるから
少なくとも自己実現としては申し分なし!


実務としても、好きなようにある程度やらせてくれるし、
責任が与えられてある意味チャレンジングやけど、
やりがいあって申し分なし!


というわけで、
面白くないとは思いますが、
t@kはマッチングがとれていて幸福ですww


エラそうにつらつら書いてしまいましたけども、
そういう活動してますわ♪


好奇心旺盛なt@kの性というか、
広い意味で♂の性というか、


ものごとを、あーでもない、こーでもない
ってやりあってんのは楽しいね♪


では、また。


Ciao!!


--------------------------------------------------

後記。


最近の話やないねんけど、
大抵、初めてお会いする人にとって、



t@kの印象=するどい、洞察力がある、
ということを感じられているようです。


ってか、人の思ってるあんたの印象とか、
なんでそんなんわかんねん!


って話かも知れへんけど、
単純にコメントくれるからなんです。


当の本人には悲しいかな感受性が低いため、
まったくそう自負するところがないねんけど、


プラスに捕らえるか、
マイナスに捕らえるかはもちろん、
プラスに捕らえることにしんねんけどww



完全にポジ馬鹿ですわ・・・(ノ∀`)
スポンサーサイト

2008.03.12 | My Life | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。