上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

久島と幻獣ムベンベを追え―。


こんばんは。


結局インドにはまだ行けてへんのですが(命拾い!?)、
連休前の8月4日・5日と沖縄へ行き(仕事で)、
その2日後の8日から屋久島へ行ってきました。


沖縄の駐在者の人に、
『夏休みに屋久島行くんすよ。』


・・・なんてゆーたら、
『あんたあほねぇ~、ここさからのが近かろぅ~』
・・・などと、心地よい“沖縄ことば”で返されてもたわ。。。


そらそうやわ、『沖縄⇒豊田⇒屋久島』って
だれでもアホやと思うやろなー。


ってか、


同期でさえも沖縄に会社の施設があるん知らんのやから、
一般の人に、『仕事で沖縄行ってきてん♪』などと言おうもんなら、


(゜д゜ )ハァ?


みたいな顔されんのがオチやわ。
ちゃんと仕事場があんねん!
証拠写真載っけとこ☆ww

暴露場








というわけで、2008年8月は・・・
準備に移動に仕事に遊びに・・・


南の島にて時間を費やしてました。


沖縄はGWにも行ってきたし、
素晴らしい場所であることは自明の理みたいなとこがあんで、
敢えて書くことなし!


ちゅうわけで、
屋久島での出来事を書こうかと。

(ってか、分かり切った話・・・GWの続きの話はもうやめ。
めんどなった・・・コラ!・・・というか忙しいし。。。)


ってか、話し飛びますけど、
最近エコにあやかってか、


やたら自然と戯れること自体を
『エコツアー』などと称してたりするもんがあったりすますが、


いったい、なにをもって『エコツアー』などといってるんでしょうか?
そもそもエコってなによ?


なんか納得いかんね。
ただ広告代理店とか、プロモートを生業としてる連中に、
ウマいことやられてるだけやんww
まぁユーザーサイドに認識が無いのがアカンねんけど。


たとえば・・・


ただ単に、山にキャンプ行きました。
自然と戯れました。
あー、エコやな♪



なんで?どこが?
誰か説明してくださいd(´д`o)


もしかしたら、
騙されてるかも知れへんでww


エコってなんか、悪い言い方すると
偽善的な側面があるだけに・・・ね。


さて話を戻して屋久島。


素晴らしかったわ。
まー、素晴らしいことに違いはないねんけど、


やれ屋久杉だ!

屋久杉










・・・とか、

やれもののけ姫の森だ!

もののけ姫の森









・・・とか、


その場所に行ったら抑えとかなあかんやろ!

ウィルソン株











…的な。

そう、敢えて言いますが、
『ミーハー観光スポット』について
書く気はサラサラありませぬ。


ぇ?


・・・とか言いながら、
写真とってるやん!(ノ∀`)


って、そらもちろん行くわ!
証拠的なもんモットかなあかんやんww


でもま、上のスポットはそれはそれで
観光地として成立してるし、
よかったな。ふつーに。うん。


でも、ただそれだけやわ―。


カヤック遊びを覚えた!・・・とか、
漁港の防波堤から海にダイブした!・・・とか、
屋久島での釣りの仕方とはこうや!・・・とか、


※ふつーの漁港の海なんて、汚すぎて飛ばれへんで!

いくでー






とーぅ






めっちゃ甘いなー、水。なんでやねん。









ある意味、ふつーの観光客がやらんであろう、
イレギュラーな遊びもしましたが、


こっちのが楽しかったわほんまww


・・・なんつーか、平和やねん。


ふつーのとこ行って、
ふつーにみんながしてることして・・・なんつーかね。。。


やってることが平和やわ。


ガイドブックに書かれた、あるいは載っているでろう・・・その場所に訪れ、
見て、感じ、触れ・・・


確かに森とか、生命力を感じるし凄いねんで。
確かに、なんで1000年を越えてまでも、
倒れずに今なお生き続けられるか、ロマンやねんで。


でもなんつーかね・・・
自分のする行為に“物語”が無いことってアカンみたいやわ。


ある意味大人になってしもたんやろなー。
ふつーの、あぁすごいなぁ・・・というもんがもはや、


汚い話やけど『カネとジカン』で手に入ってしまう・・・というか、
そういう世界やねん。淋しい話やわ。


何のことはない。たとえばの話、
『昔、彼氏がクルマをバックする時にもつ助手席のシート、あの姿よかったわぁ』


・・・なんてガールズトークしちゃってたであろう、“あの頃”に比べ、
『ん?なに?助手席もつ?・・・ってか、普通じゃね!?


・・・に変わるんと一緒やわ。


もはや苦労なくバックできる、
あるいは自分でもやるようになったとか、


その行為自体が、「本人の普通と化してしまう」ちゅうーか、
感動無くできてしまうもんやから、
言い換えれば“子供の心”を忘れてしまったような感覚ですわ。


ちゅうわけで、
別に苦労というか、トラブルもないし、ふつーやねん。
まぁ高かったけど、お金出したら行けた、以上。


・・・めでたし、めでたし、やわ。


行ったらあった。きれいやなぁー。
行ったら見えた。きれいやなぁー。
行ったら近かった。きれいやなぁー。


でもま、登山はそれなりに苦労したわ。
往復20キロ、高低差300m、朝5時発
おまけに行程ずっと雨
(雨はしゃあないわ、1年の70%は雨の日やねん)


ゴアテックスのレインコート、ザック、ゴアテックスのブーツ履いて・・・
ふつーにマジ登山モードやし、ふつーにしんどいわ。


でもなぁ、なんかガツンと来るもんが無いねん。。。やっぱ。


綺麗は綺麗やし、なんつーか神秘的で・・・
そう、不思議な気持ちには誘ってくれるモンなんやけどなー。


まぁ、いち個人が、屁理屈じみたことなにゆーてんねん!
って思って聞き流しといてくださいよ。


それはそうと、
なんで、ガツンとこーへんかったんやろか―。


・・・まぁえーわ。多分変人扱いされるやろなww


ってか、


そもそも、ジブリ興味がない、とか、
そんなところに思い当たるフシはある。


結局のところt@kが言いたいのは、
冒頭のこのフレーズ・・・


『屋久島と幻獣ムベンベを追え―。』に集約されるのです。


ムベ・・・ぇ?なんそれ?


とりわけ、こんな気持ちにケリを着けてくれたのは・・・
屋久島について2日を過ぎた日でした。


その続きは・・・Part2にて♪


では、また☆


Ciao!!
スポンサーサイト

2008.08.20 | My Life | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。