上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

の中は景気悪いですけども・・・



赤鯱軍団がやばい!
残り2節を控え、首位鹿島と勝ち点2差の2位。


他力ではあるが、グランパスの2連勝が最低条件、
仮に鹿島が1勝1敗、あるいは2引き分けであれば逆転優勝!


・・・なわけや。


かつて、赤鯱軍団にこんな出来事があったやろうか?
この興奮は、1996.1.1.の天皇杯決勝以来かも知れへん。


いまやJ1は群雄割拠の時代、
チームプランニングを誤れば、勝てないようになっている。


かつての強豪、V東京ジュビロ磐田Fマリノスといったチームは、
今年存在感がなかった。


裏を返せば、どのチームにも優勝の可能性があるってこと。
野球もいっしょじゃねーか( `д´)



・・・と思われるかも知れへんけど、


チーム数が多く、ホームアンドアウェーの
たった2試合/チームしかないという意味で、
1試合1試合がスリリングなのだ。


負けてもまた明日あるわ♪・・・の意味合いというか重みが、野球のそれとは全然違う。


5年前の11月29日、
磐田、横浜、鹿島、市原の4チームに
優勝の可能性が残されていた出来事があった。


昨年は最終節、浦和が伏兵(・・・と言っていいのか)、
カズ・三浦カズ率いる横浜FCに足元をすくわれ
優勝を逃す出来事もあった。


もつれにもつれている。
そんな時代が続いているのである。
さぁスタジアムへ行こう♪

----------------------------------------

その手の人に言わせれば、
“リアル”という本が売れてるみたいやね。


リアルはリアルでも、
車椅子のバスケを題材にしたリアルやない。
“28歳からのリアル”という本である。

28からの










一方で、巷では“ニューリッチ”なる新語が生まれている。


さらに補足情報として、
資産1億以上のいわゆる“おくまんちょうじゃは、
わが国日本に、83人に1人の割合で存在している。


このほど、取引先に勤めていた、
また、大学先輩でもある人が、『セカンドステージ』へ旅立った。


ここでいう意味の『セカンドステージ』とは、
まさに“ニューリッチ”、起業するのだそうだ。


表向きには、
『サラリーマン、飽きたヽ(´ー`)ノ 』
と仰っていたがww


別に驚く話やない気はする。
1/83人の確率ならば、
自分の周りにもいるかも知れへんしなぁ。


しかし無計画に、オレもニューリッチ目指そ♪
などと、思いつきで行動してうまくいくものでもない。


郷に入らば・・・とかいう、よくいう文言があるけど、
要は、これまでと同じ世界にいたのでは、何も変わらないのだ


いまの自分は、これまでの自分の人生の軌跡の集大成
であることを忘れてはならない。


いつも一緒にいる人が、新しい話をもってくるか?
待てればよいが、自分から新しい世界を切り開かねば・・・というわけだ。


何事にも“旬”はある。
しかしチャレンジする権利はいつでもある。


例えば、芸能界に入りたい、とか思っていても、
知人が、芸能界と精通し、紹介なり、推薦されるのを待つよりは、
自分から、事務所に応募でもなんでもやらんと!


ってわけや。


はて、これらの共通項は、なにか?


いまさら言うまでもないねんけど、
何があるか分からない世の中
なんやねぇ、やっぱり。。。


さて本題へ。
前項、前々項から続いている『悩み』とは?


前項のおさらいやけど、
“悩むことの最大のメリットは『考える』行動を享受できる”
ことであり、


『悩みなしに、幸せは訪れない』
などと、大きく出てみました。


高々、27年しか生きていない小僧が?です。
しかしいつまでも小僧、でおるわけにもいかへんからね。


さて、t@kは何が言いたかったのでしょうか?


本トピックも、これで完結せねば、
そろそろ書く気がなくなるかもしれへん(ノ∀`)


こんなトピックスでケーススタディしてみましょう。


とある、課長級を対象にした教育講習会にて―


不景気の折、教育で社外講習を受けに行く出張費の件で、
Q&Aのやりとり・・・



Q
『会社に出張を控えるように指示が出ていますが、
経費計上できるのでしょうか?』



A
『今のトヨタは教育(自己投資)にお金をかけなさ過ぎる!
身銭を切ってでも、教育とは受ける価値があるものであるべき、ではないでしょうか?』



と切り返す。


Aで発言しているのは、なんと1年目の新入社員
本配属されて間もない、たかが2ヶ月そこら。


ようやく職場になれ始めるだろう、
まだ右も左も分からない状況でのこの回答。


数多の上司相当の職位に値するの受講者へ、
動じずに“提言”する度量も大したもんやけど、


ハンパないのは、その当事者意識
常日頃から、“考えて”ないと成り立たない。


彼はいま、
“生きて”いる幸せを実感していることだろう。


さて上記のケース、あなたは、
どこに“生きて”いる幸せを見出すことができますか?


これまでの人生、
生きている意味を振り返ってみる・・・


これがある種、回答かも知れへん。


どう生きる?
なぜ働く?
それは幸せなのか?



よくある回答郡は概ね以下のとおり・・・


―社会貢献したいから
―地位がほしいから
―お金がほしいから
―刺激的でありたいから



最近まで、t@k自身も、
上記回答群が正解なんちゃうかなー、と思ててんけど。


しかしながら、
個人的には、どれも間違ってへん気がする。


でも、十分条件とちゃう気がする。
どっちかっちゅーと、必要条件なんちゃうかなー。


木に例えれば、幹ではなく、
枝葉の部分を考えているに過ぎへん・・・のかな、と。
つまり、視野がまだまだ狭い。


―社会貢献すれば、幸せか?
―地位が手に入れば、幸せか?
―お金持ちになれば、幸せか?
―刺激であれば、幸せか?



充実=幸せ、という前提に立つと、
あなたが『幸せ♪』と思う瞬間はなんだろうか?


彼氏・彼女ができた。
『よくやったな』、とほめられた。
『ありがとう』、と感謝された。
『オモローやな、自分!』と笑われた。



ここに共通するんは、自己完結ではなく、
『他人』が絡んでいることがポイント。


要は、ある種、人の『承認』行為がある。


『承認』っちゅーと、どうも事務的やから、
認め、認められるという方がえーかな。


分かりやすく言うと、きんぱっつぁん(金八先生)がよく言う、
『“人”と言う字はぁ~、支えあって・・・』


・・・に込められるべき本当の意味は、


経済的支援でも、
物理的支援でもなく、



“相互の認め合い”の中でしか人生の幸せはないねん、
人とのつながりは、大事なんやで!




・・・と言っている、と解釈してる。


つまり、


―社会貢献したいから
―地位がほしいから
―お金がほしいから
―刺激的でありたいから



・・・という目的の根底は、
承認行為を実行する、ということ。


しかし、これらひとつひとつの“要素”は、


人の満足度(どこまでやればいいか)によるけど、
容易に得られるもんやない。


悩む=考えることで、深堀され、
身となり骨となり、“ホンモノ”として蓄積され、
人間が成長する過程で得られるのだ。



先ほどのケーススタディで言えば、
『なんだこいつは!』と基幹職連中に思わせたことだろう。


少なくとも、ウチの部署のとある新任GMはそう言っていた。
『すごい新人がおるぞ!』、と。
ほら、そう言っている時点で、彼を認識してるやん。


以上をまとめると、


1.相互承認により、充実が確かなものになる
2.充実を得るためには、承認をえる要素でホンモノを手に入れる
3.そのためには、悩む(考える)ことが近道
4.悩みは成長を促してくれる



つまり、
『悩みなしに、幸せは訪れない』
というわけなんです。


そんなこっちゃで、
ここまでお付き合いしていただけた方有難うございました。


ぶっちゃけ個人的に、なんかこの理論だけ
この先ずっとやってけそうな気がしんねんけどww


まーそんに甘ないか(ノ∀`)


というわけで、


もやっとしたモンが払拭されて
めちゃめちゃ爽快やわ~(´д`*).


では、また☆


Ciao!!
スポンサーサイト

2008.11.27 | My Life | トラックバック(-) | コメント(-) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。