上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

わっす。


世間的に渦中の身分ですが、元気にしています。


まさに世論のご指摘の通り、トップと現場の意思疎通に問題があると感じています。
タスクチーム共々、鋭意対応中ですので。。。


さて―


たぶんこのblog、いや・・・
これまで生きてきて初?っちゅーくらいの、
ちょっとネガティブなtitleをつけてみました。


最近、ほんまStruggleしてます。


感受性が低いタイプの人間なあまり、
ちゅうか、考え込んでどうなるん?って思ってしまうタイプの人間なあまり、
精神的に悩む、ってことあんま無いねんけど、


最近、あまりにもサラリーマンすぎ
おもろないねん。。。平凡やねん。


気づけばまた、月曜が始まってんねん。
気づけばまた、クレジットカードの支払日が来てんねん。
簡単に言うと、時間だけが過ぎてる気がすんねん。


なんなんですかね。


忙殺されすぎ。
やりたいことできひん。



周りを見渡せば、たかだか1カ月の間に、


彼女に振られ、


代わりに目を付けてたお気に入りのコも『今度結婚するんだ♪』という事実上サヨナラの烙印を押され、


このご時世に新規のビジネスを取った!かと思いきや、おじゃんになり、


ちょっとこれはあかん!と思ってお祓いに行った直後に駐車禁止取られ、


麻雀も絶対まけてる(4戦4敗/1ヶ月間)。




という、ある意味人生楽しんでる!ってやつもいてるのに。。。
どうせなら、それくらいのパンチが利いた出来事がほしい。



ってか、これってよく考えると、
半年・・・いや3カ月分くらいを1カ月に凝縮したようなもんやん!ww



話を戻すと・・・


前のEntryに書いてのとおり、
『Must』ばっかやねんな。



そもそも・・・なぜ『Must』に感じてしまうんやろか?
能動的か、受動的か―この差以外のなのにもでもないな。



では、なぜ“受動的”に感じてしまうのか?


なんかね、えらそうなこと言える立場やないねんけど、
それちゃうやろ!って思ってることが2つある。


1.業務を切り捨てるところと、集中するところの識別がおかしい。(現領域において)
2.このままやと成長イメージが描かれへん。



1について―
 (業務を切り捨てるところと、集中するところの識別がおかしい件)



べつに、今やってる仕事は、商品を世の中に出していく上で、
“商品力”が問われることやから絶対やらなあかんことに間違いないねんけど、
“誰か”がやればそれでえーねん。


つまり、『それはオレの仕事ちゃうねん』って思ってるフシが
どっかにあるってことかね。。。


・・・こうやって書くと
『なんや、誰だってやりたないこといくらでもあるわ!』
って誤解されるかも知れへんけど(汗)


ざっくり言うと、

本社とグループ会社で同じことやっとっても仕方ないことで、
それぞれの強みがあんねんから、それぞれに特化した仕事せなあかん!
ということなんです。


それで、本社は“本社の機能”が果たせてない。


現場(ここではグループ企業・関連会社の技術部のことをいう)との距離が
近すぎても遠すぎてもあかんのやろーけど(そのへんが難しい)、


新しい技術をクルマで使いこなすための最適要件(設計指針・目標)となはにか?
を考えてあげるとか、


VWとかヒュンダイってめちゃめちゃ伸びてるけど、どない?ってゆーふうに
敵を知る(BMC)とか、


効率的に開発がすすめられうように、関係部署へ話つけやすいように
OparationProcedureを整備してあげるとか、


とにかく、“プレーヤー”ではダメで、
率先して取り組み、リーダーシップを発揮していくべきやと思うねん。


ところが、あまりに“プレーヤー”すぎて、
そういう理想の仕事が着手できてない・・・
でも開発は止められへんっていうStruggle。


2について―
 (このままやと成長イメージが描かれへん。。。という件)



1の話とリンクすんねんけど、まず前提に・・・


『将来めざすべきプロがどういうもの?(どういう領域か)』があって、
次に『どの程度のプロになりたい?』があって、
最後に『それを実現させるためには?』がある。


どうやら今のところ、領域的には
マネージメント(管理職業務なもの)には全然興味無くて、
“職人”でありたいと思ってる。


魅力ある商品力とは何か?(市場調査・商品企画)
それを実現させるための要件とは?(商品構想・設計構想)
使いこなすための技術とは?(商品開発)


というPDCAをまわすんやけど、


要は、感覚的な世界のことを、
言語に置換(論理処理・図面化)して物事の本質をとらえ、
具現化していくフィールドでプロになりたい、っちゅうわけです。



それも、『あぁ、あの人にやらせとけば間違いないな』
ってレベルのプロ。



料理人でいえば・・・感覚的な話になるんやろけど、


たとえば朝、市場に出かけて魚を“ただ単に見た”時点で、
“本日のおすすめ(献立)”とそれをどう実現するかが俯瞰でき、
お客様に『あー、うまかったわ』と言わしめるような人・・・なのかね。


この・・・『あー、うまかったわ』まで言わしめることがポイントやね。
漢字一文字でゆーたら、『巧』ですわ。



なぜなら、自分のために何かが出来ていても、
所詮は趣味の世界・・・(それをアマという?)・・・だと思ってる。


つまり、人のためになにかが出来る=プロ。(と思っている)
※プロ野球と草野球の違いみたいなもん


さて、そうなるための成長イメージとは・・・


やっぱり、デスクに座ってペーパーやらデータの情報処理だけでなく、
実際の現場でモノを見るとか、
雰囲気/においを感じる・人の話を聞く(これが一番大事!)をやったうえで、
論理にあてはめ・・・あるいは論理を作ることで本質を考えていくステップのほうが、
何十倍にも身になる。


日々の中でこういう時間がほしいし、
こういう経験をもっと積みたい。



現実は・・・


企画ありきで、ひたすら議論⇒調整。
行き当たりばったりのデータ取得で論理に無理やり当てはめ、
最終的につじつまを合わせ・・・。


『地頭力』的な考えは否定せーへんけど、
やっぱり本質をすっ飛ばしている感は否めへん。


おかげさまで、頭でっかち。
確実に“エンジニア”やねん。“職人”のかけらもない。。。


じゃあ、何を身につけたか?といえば、
段取り力(調整力)だけはものすごくついたかも。
















ということで、個人的にはもちろん、
こんな人間ばっか増えても組織的にも将来はないわ・・・。


なんなんですかね、大企業って。生きにくい。
Struggleでした。


では、また。


Ciao!!


-----------------------------------------

追伸


もうすぐ新生活始めまーす。
スポンサーサイト

2010.02.24 | My Life | トラックバック(-) | コメント(-) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。